ワンランク上の変態紳士達の為の秘密倶楽部
マッサージと盗撮が三度の飯より大好きで、一見真面目そうな女性が恥ずかしがる様や最初は拒みながらもマッサージによって豹変していく様を見る事に生きがいを感じる人達の集まりです。

おすすめキーワードでございます

ニコボッキ四世の部屋

『元ヤン大好き!!』

mussorin1「ふむ・・・ヤンキー・・・ヤンキーねぇ・・・」

 

 

 

marci「どうしたどうした」

 

 

 

mussorin1「最近、ヤンキーのことが気になってるんですよ」

 

 

 

marci「ドSのムッソリンさんが珍しいじゃない。ヤンキーって怖いんでしょ?」

 

 

 

mussorin1「正直、現役ヤンキーは怖いと思うのですが・・・元ヤンキー、即ち“元ヤン”に非常に興味があるのですよ」

 

 

 

marci「元ヤンかぁ。急にエロさが出てくるなぁ・・・」

 

 

 

mussorin1「そうでしょう。その小さきナニがぴくぴくするでしょう」

 

 

 

2「ぴくぴく」

 

 

 

 

marci「しちゃってるねぇー」

 

 

 

mussorin1「元ヤン人妻なんて、さらに興奮しませんか?」

 

 

 

marci「ヤンキーは基本的に若いうちに結婚するからね。元ヤン人妻イコール若妻ってことだね?」

 

 

 

mussorin1「そのとおり。そこへきてのこの『ボクの事を昔イジメていたヤンキー娘が美人妻になって健全なマッサージ店で性的サービスをしている情報を入手、それをネタに復讐ついでに中出しまでした件。』なのです」

 

 

 

2「ぴくぴくぴくッ」

 

 

 

mussorin1「そのタイトルとおり、昔自分のことをイジメていたヤンキー娘が人妻となり、マッサージ嬢をしていることを知って指名するのですが・・・」

 

 

 

 

 

CLUB-339-10

は?ナニこの髪型ー!?

 

 

mussorin1「最初はその事実を知ってもそのヤンキー魂から強気の発言ばかりしてしまうのです」

 

 

 

 

marci「うんうん、そんでそんで!?」

 

 

 

CLUB-339-11

んぐんぐ

 

 

mussorin1「昔は租チンだったのに、すっかりデカチンに成長した彼のモノを見て陥落。しかしまだ強気な態度は残しているんです」

 

 

 

 

marci「最高かよ」

 

 

 

まだ気がついていませんね

まだ気がついていませんね

 

 

フザけんなよ、租チンだったくせに…!

フザけんなよ、租チンだったくせに…!

 

 

くっそお前のチンコなんか・・・んぐんぐ

くっそお前のチンコなんか・・・んぐんぐ

 

 

 

2「ぴくぴくぴくぴくッ」

 

 

 

mussorin1「強気な発言をしていた元ヤン娘がかつてイジメていた男子のデカチンに屈する姿・・・。やめられないとまらない!!」

 

 

 

おい、やめろよ!昔の写真とか…!

おい、やめろよ!昔の写真とか…!

 

 

ちょ、チンコでっか…!

ちょ、チンコでっか…!

 

 

ぎゃひーん!

ぎゃひーん!

 

 

mussorin1「まったくもって最高ですね。私のドS心は今ごうごうと燃えたぎり、両手の電マはMAXに震えております」

 

 

 

 

marci「ボクの短小チンコもぴっくんぴっくんにMAXだよ!!!」

 

 

 

 

mussorin1「ん?そ、それがMAXなのですか・・・??」

 

 

 

 

marci「・・・そうだけど・・・」

 

 

 

2「・・・そうだけど・・・」

 

 

 

mussorin1(全然わからない・・・!!!)

「ほ、ほんとだーーー!!いつもより気持ち大きいですねッ・・・!」

 

 

 

 

2「お気づかいありがとう。ムッソリンさんはドSだけど優しいね」

 

 

 

 

mussorin1(これはチンコがしゃべっているのか・・・?)

「ど、どういたしまして・・・」

 

 

 

おしまい