変態紳士倶楽部

ワンランク上の変態紳士達の為の秘密倶楽部 マッサージと盗撮が三度の飯より大好きで、一見真面目そうな女性が恥ずかしがる様や最初は拒みながらもマッサージによって豹変していく様を見る事に生きがいを感じる人達の集まりです。

 

ニコボッキ四世の部屋

2015年10月 の投稿

『オイルと乳首は仲良しでがんすよ』

ヌプリ「どうもどうも、オイル大好きヌプリでがんす。すっかり涼しくなって参りましたが私の肌は乾燥知らず、相も変わらずヌルンヌルンでがんすよ」

 

 

kimber「うわっ、部屋中ヌルヌルじゃないかッ!滑るでありんす!!」

 

 

ヌプリ「ウフフ。もうかれこれ1週間、この部屋で寝たり食べたりオイル舐めたりしてたでがんすからねー。キンバーさんも乳首にオイル塗りたいんじゃないでがんすか?」

 

 

kimber「ン、ンフッ!!ダメでありんす!ただでさえ敏感な乳首にそんなことしたら、どうなってしまうか分からないでありんす・・・!」

 

 

ヌプリ「おやおや?想像だけでビンビンになってしまっているではないでがんすか・・・。乳首とオイルは仲良しでがんすよ・・・」

 

 

こりこり

こりこり

 

kimber「はわわわ・・・」

 

 

くりくり

くりくり

 

kimber「はわわわわわわ・・・・」

 

 

さわさわ

さわさわ

 

kimber「いやぁーーーー!!!!」

 

 

ヌプリ「これでとどめでがんす!!」

 

 

ころころころころころ

ころころころころころ

 

kimber「ぐわぁぁぁぁぁぁあああああああああ!!!!!!!」

 

 

img_nikobokki「おや・・・?今日は鍵が開いている・・・。ちょっとヌプリさん!いい加減お部屋返してくださいよ!!!」

 

 

ガチャ!!

 

ヌプリkimber

 

「ハッ!!」

 

 

img_nikobokki「あ、貴方達、お2人で何をしているんです??まさかそういうご関係・・・?倶楽部内の恋愛はご法度でございますよ!」

 

 

ヌプリ「い、いや誤解でがんす!キンバーさんのピンピンの乳首を見たらついオイルでコリコリしたくなってしまって・・・」

 

 

kimber「私はイヤだって言ったのに・・・!!ヌプリさんが・・・ヌプリさんが・・・!!」

 

 

img_nikobokki(なんなんだコイツら・・・)

「とりあえず、ここは私の部屋なのでご退出願いたいのですが」

 

ヌプリkimber

 

「は、はい・・・」

 

 

img_nikobokki「オイルまみれの部屋をクリーニングするのって、いくらかかるのかな・・・」

 

 

おしまい